厳しい市場

中古車オークションの厳しい市場で安全を守っている

中古車オークションと聞いてどんなイメージがあるでしょうか。なかなか聞き覚えがない人も多いかもしれません。中古車オークションとは自動車の販売や買取を仕事とするプロ、つまり中古車販売店や買取専門店の業者の人々が自動車を売買いする会員制の自動車競りをする市場なのです。毎週数十万台以上の中からプロ同士が取引するまさにプロ専用の市場なのです。そのプロたちは警察署公安委員会の古物商許可を取得した1年後、信用審査を受けて通過しなければなりません。それに合格した業者だけしか参加できないとても厳しい取引市場です。信用と安全が保証された市場とも言えます。

出品された車なのでプロである検査員が細かく厳正に一台一台チェックし 、修復や事故が以前あったか、車体の傷、内装や外装の確認などありとあらゆる点を評価し、出品票のデータ記載と確認し出品された車両と現況と違いがないか厳正にチェックするのです。もし記載内容と車両の情報が違っていれば業者は厳しいペナルティが与えられます。このような制度からも安全性は担保されているのです。また走行メーター管理システムなどの導入により走行距離の不正なども厳しく取り締まられ、まず改ざんは不可能と言っても過言ではないのです。

中古車オークションに多くのメリットがあります。最大のメリットはとにかく安く買うことができ、また高く売れるのです。中間マージンもなく、卸値価格で落札することができ、購入できるのです。つまり原価に近い価格で買えると言えるのです。売るときも同じように高価格で売ることができるのです。次に修復歴などもプロの検査員が事細かにチェックするので、後々のトラブルも起こりません。そして毎週20万台近く車両が出てくるので、希望の車両を見つけやすいのです。自宅にいながら希望の車種を見つけることができ、中古屋さんの何軒も何軒も探し回る必要はないのです。

しかしここでいくつかのデメリットもあります。例えば試乗ができないと落札後のキャンセルができないなどあります。落札した車両は原則ノークレーム、ノーリターンであり、入札は自己責任でする必要があります。そのために中古車オークション下見代行サービスなどもあるのです。

車も新車ではなかなか手を出しにくいものです。しかし中古車を探すといってもなかなか大変です。素人が見てもそれが安全なのか信頼できるのかなかなか見抜くのが難しいのが実状です。そのような人たちのためにも中古車オークションは活用できるのです。