落札手数料

中古車オークションの落札手数料について

中古車の購入時に利用する中古車専門業者が取り扱っている車の90%は、中古車オークションで落札した車であるという事です。中古車オークションは、古物商許可証を持ちオークション会場の審査をクリアし、年会費を支払う業者以外の個人は参加をする事が出来ません。

それでも直接的に中古車オークションに参加する事は出来なくても、間接的に参加する方法があります。それは中古車オークションを代行業者に依頼する事です。中古車オークションの代行業者は、依頼者の希望を詳細に把握して全国の中古車オークションで目当ての車を探し出してくれます。

こういった代行業者は様々ありますが、希望する車を代行業者が落札した場合には、その成功報酬として落札手数料を支払う事になっている業者が殆どのようです。落札手数料については各業者によって自由に設定されている為、一概に何パーセント、何円とは言えませんが、代行手数料と落札手数料を個別に請求する業者もあれば、一緒に請求する業者もあるようです。ある一定の金額までは定額となっていて、それを超えると数パーセントの手数料を支払う業者が多いようです。

オークションでは入札をする為に応札手数料が掛かる業者もあるようですが、こういった費用が掛からない業者もあるようです。少しでも安く良い車を購入する為に、落札価格は低めに抑えたいところです。中古車オークションの出品表を公開し、実際の落札価格も公表している業者は比較的良心的な業者と言えるようです。

その他、予め目当ての車の下見が出来る場合もあり、その際の手数料は初回ならば無料で行っている業者と、初めからオプションとして料金を設定している業者があるようです。

代行業者に支払う金額とは落札価格の他、前述のような手数料や陸送費用、自動車税等の合計額となっています。落札価格が低くても手数料が高ければ、通常の中古車販売店で購入した金額と変わりがなくなってしまいます。少しでも安く車を手に入れるならば、手数料を抑えた代行業者を利用したいものです。

代行業者に支払う代金は、落札をする前に振り込みをする場合が多いようですが、落札が出来なかった場合は返金がされるので、安心して振り込む事が出来ます。代行業者に入札の依頼をした時から取引全般やその他の作業は一任をする事となるので、業者の選択は口コミ等の評判を参考にされると良いのではないでしょうか。中古車と言っても十万円や百万円単位のお金が必要になるので、選択は慎重に行いたいものです。